マンションのキッチンリフォームの費用を安く抑えるには

キッチン

マンションを購入してから数十年もたてば、マンション内のリフォームをしたいと思いますよね。
リフォームしたい箇所はいくつかあると思いますが、女性がまずリフォームを考えるのはキッチンではないでしょうか?
キッチンは今は様々なものがあります。
外国風で幅広いスペースが確保できるアイランドキッチン、スペースは広いもののスッキリとした空間を演出できるL字型キッチン、料理をしながらリビングの様子も見れる対面型キッチンなど。
沢山の種類がありますので、毎日の料理を楽しくするにはキッチンのリフォームはぜひしておきたいものです。

 

とは言ってもキッチンのリフォームってどれくらいの価格が必要なの?
キッチンのリフォームってどこにお願いすればいいの?
なんて悩みも出てきますよね。
あまりにも高いお金がかかるとなればあきらめざるを得ませんし、信頼できる業者が見つからなければキッチンのリフォームをお願いすることもできません。

 

そんなリフォームをしたいと考えている女性におすすめの情報をここで紹介していきます。
キッチンリフォームの費用を安く抑える方法、信頼できるリフォーム業者を探す方法などもお教えしますよ。
リフォームを考えているけど中々踏み出せない…という人はぜひ参考にしてくださいね。

マンションのキッチンのリフォーム費用の目安

マンションのキッチンリフォームの費用は何を交換するかによって変わります。
例えばキッチンのコンロ。
これまではガスタイプのコンロだったけど、IHに変えたいという場合は30万円以下で工事ができます。
次にキッチン全体。
キッチン全体を取り換える場合はキッチンの費用+工事にかかる費用が必要となります。
キッチンのタイプにもよりますが、50〜200万となります。
これは工事かかる費用と言うより、選ぶキッチンのタイプの費用によって大きく異なります。
I型のキッチンは比較的安いものが多くなっていますが、収納が多い・キッチンに食洗器が付属しているなど利便性の高いI型キッチンを選べば当然価格が高くなります。
またアイランド型のキッチンにする場合はアイランド型のキッチンの価格は非常に高く、キッチンの費用だけで200万以上の値が必要になることも。
そしてこの場合は工事費用もたかくつきますので、キッチン代+工事費用で400万円近くかかるケースもあるのです。

 

このようにキッチンのリフォーム費用はピンキリです。
何をするかによって大きく異なりますので、30〜400万の範囲で考えておきましょう。
キッチンの費用に関してはどこのメーカーのものを選ぶか、またどんなものがついていてほしいかによっても異なります。
自分が希望する物を備えた安いキッチンを探すと良いでしょう。

キッチンリフォーム工事の事例

キッチン

キッチンリフォームをした事例が知りたいという人のために、ここではキッチンリフォームの事例について紹介していきます。

 

キッチン

ペニンシュラキッチンを採用し、背面には大きめの収納を備えたキッチンへのリフォーム例です。
価格は190万円で、施工にかかった日数は30日となっています。
シンプルなキッチンで白で統一されているので、清潔感のある空間となっていますね。

 

キッチン

対面型キッチンにリフォームしたリフォーム例です。
価格は190万円で施工にかかった日数は60日となっています。
対面型キッチンにすることで全体的に明るくなりますので、キッチンも明るく見えますね。

 

キッチン

L字型キッチンにリフォームしたリフォーム例です。
価格は340万円で施工にかかった日数は120日となっています。
L字型にすることで一気に自由に使えるスペースが広がるので、料理をしやすくなりますね。

 

このようにリフォーム例は色々なものがあります。
価格もそれぞれですので、自分が納得できるキッチンタイプを選び、そのキッチンを極力安く施工してくれるリフォーム業者を選びましょう。

パナソニックなどのキッチンリフォームはどう?

キッチンリフォームをする時はまずはキッチンを選んでおきましょう。
キッチンは様々なメーカーから出されていますので、いくつかのメーカーのカタログなどを持ってきて見比べてみると良いですよ。
キッチンの形も重要ですが、実際に使ってみて料理をしやすそうかなどについてもチェック。
高い買い物となるので、後悔のないよう慎重に選んでおきましょう。
ここではキッチンリフォームに関して、大手メーカーであるPanasonicとTOTOの例を紹介します。

 

Panasonicではキッチンを取り扱っており、主婦の声を聴いて制作したキッチンや流行りのアイランド型のキッチンなどを取り扱っています。
使いやすいキッチンのタイプをそろえているので、多くの人に納得してもらえるキッチンを用意していますよ。
Panasonicではキッチンの販売を行っていますが、リフォームの施工はPanasonicが行うわけではありません。
Panasonicがリフォーム会社を紹介するので、Panasonicからキッチンを購入して紹介してもらったリフォーム会社に施工してもらうという形ですね。
Panasonicの公式サイトにはいくつかの施工例が掲載されていますが、大体が100万円以上の施工となっているので価格は高めです。
なるべく安く抑えたいと考えている人は、キッチンだけPanasonicから購入し、リフォーム会社は別で探すという方法がおすすめです。

 

次にTOTO。
TOTOもPanasonic同様、I型のキッチンやL字型キッチン、アイランド型のキッチンなどを用意しています。
これらのキッチンを施工するにはTOTOが紹介するリフォーム会社に依頼する必要があります。
TOTOが独自の審査基準を設け、その基準をクリアした会社を紹介する形となります。
リフォームの費用はPanasonicに比べれば安くなっていますが、念のため複数のリフォーム会社に見積りを依頼した方が良いでしょう。
その中から安いリフォーム会社を選ぶことでリフォーム会社を安く済ませることができますよ。

 

マンションに合うキッチンの種類

キッチン

マンションでキッチンリフォームをするのであれば、マンションに合ったキッチンを選ぶことが大切。
もちろん一番大切なのは自分好みのキッチンにすることですが、マンションは戸建と違い、キッチン部分のスペースがあまり確保できていない可能性もあります。
戸建の場合はLDKが多く、キッチンスペースが十分に確保できることが多いのでどのタイプでもいいのですが、マンションの場合はスペースに限度があるため何でもいいというわけにはいかないかもしれません。

 

最もスペースを取らないのはI字型のキッチン。
I字型はスペースを取りませんし、幅もそこまで広いわけではないのでどこでもおけるタイプのキッチンです。
ある程度スペースがあるのなら対面型もおすすめ。
対面型はLDKに置けるタイプで、リビング部分と対面するように置かれるものです。
キッチン部分とリビング部分にスペースのゆとりがある場合は対面型も良いですね。

 

L字型は確保するスペースが広くなるため、どんなタイプのお部屋でもOKというわけにはいきません。
アイランド型のキッチンもそうで、アイランド型のキッチンはI字型のキッチン+後ろに大きめの作業台のようなものがついてきます。
大幅にスペースを確保する必要があるので、こちらもマンションには不向きかもしれませんね。

 

間取りによってどのタイプのキッチンなら置けるかというのを確認しておきましょう。
キッチンにはそれぞれ大きさがあるので、どうしてもL字型やアイランドがほしい場合は自分のマンションにおけるサイズのものを探してみると良いですね。

キッチンリフォームをDIYでできる?

最近はDIYが流行っていますので、自宅の中をDIYで自分好みの空間にしている人も多いのではないでしょうか?
DIYはやろうと思えばどこの部分の施工も可能です。
ただキッチンに関してはDIYは難しいと言えるでしょう。

 

キッチン部分はガスもあれば水もあります。
この二つを普通に使うには接続など難しい部分もあるので、プロにお任せした方が確実と言えます。
もちろんその二つの技術があればいいのですが、特にその知識がない場合は手を出すべきではないでしょう。
キッチンを取り付けてもらった後は自分好みのキッチンにDIYをすることが可能です。
キッチン自体の取り付けはプロにお任せした方が安心なので、自分で無理してしようとせず、プロに依頼しましょう、

リフォーム業者を選ぶポイント

キッチン

リフォーム業者は全国に数多く存在します。
地元密着型の小さな施工店から全国展開する大手の施工店まで様々。
大手だから良いというわけでもなく、小さな施工店だから良いというものでもありません。
リフォームをお任せしたいと思える信頼は人それぞれ違うので、あなたにとって最も信頼できるという施工店を探す必要があるのです。
ここで選ぶポイントについて紹介していくので、参考にしてくださいね。

 

リフォーム費用が相場と同じくらい

リフォーム費用はどの部分をリフォームするかによって大きく異なるので、自分が希望する施工内容が決まったら施行内容の相場を調べておきましょう。
その相場を頼りにいくつかのリフォーム業者から見積もりをとってもらい、その見積り内容によって決めると良いですね。
相場から跳ね上がって高くなっているところやあまりにも安いところはあまりおすすめできません。

 

施工例がいくつもあるかどうか

施工例が少ない業者というのは誰もが不安になるのではないでしょうか?
自分が希望する施工をしっかりしてくれるのか、実績があまりないのにお任せしても大丈夫だろうかなどたくさんの不安点があると思います。
そのため施工例がある程度あることも見ておきたいポイントの一つです。

 

複数の業者から見積もりを取る

一つの業者から見積もりを取るだけでは相場の範囲内かどうか、その価格は適正かどうかを確かめることができません。
複数の業者の見積もりを取ることで比較することができますし、相場についても確認できます。
最初から一つに絞ってしまうと適正な価格かどうかがわかりませんので、必ず複数の業者から見積もりをもらうようにしてくださいね。

 

リフォーム業者を選ぶ時はこれらのポイントをチェックしてみましょう。
複数の業者から見積もりをもらいたいという時におすすめのサイトがありますので、次に紹介していきます。

リフォーム業者紹介サイトはこちら

リフォーム業者を探す時に役立てたい便利なサイトがあります。
それは施工業者の見積もりを一括依頼するサイトです。
ここではそのおすすめサイトを2つ紹介するので、チェックしてみてくださいね。

 

リショップナビ

リショップナビは全国の800の施工会社が登録しているサイトです。
リショップナビの独自の審査を合格した会社のみが登録できているので、ここで紹介される会社は優良会社ばかりで安心です。
リショップナビの公式サイトから見積もり依頼をすることができます。
最大で5社までの見積もりを一括で依頼できますので、自分で施工会社を探す手間もありません。

 

見積もりを取る会社はリショップナビがのカスタマサポートが厳選した会社なので、あなたにピッタリの会社を紹介してくれますよ。
リフォームに関して希望する費用や条件などがあれば、依頼の時にリショップナビに言っておきましょう。
その条件にある会社を厳選して紹介してくれます。

 

またリショップナビでは施工後に何らかのミスがあった場合の安全リフォーム保証制度を用意しています。
工事中に事故が遭った場合や、施工後一年以内に何らかの欠陥が見つかった場合の損害を補償してくれるので、施工に関する不安もこれで安心です。

リショップナビはこちら↓

キッチン

 

リノコ

リノコは国内の大手メーカーだけでなく、地方展開する地元密着型の施工店も加盟しているサイトです。
連絡はWEBと電話からできて、年中無休となっているのでいつでも査定依頼をすることができますよ。
相談料はかかりませんし、気になることがあれば電話で何度も相談することができます。
自分が納得した上でリフォームを開始することができますので、安心して施工をお任せできます。
リフォームの査定依頼は最大5社まで一括依頼できますので、一度に複数の査定をもらうことができます。

 

リノコの公式サイトでは施行内容によって参考価格を掲載しています。
自分が希望するリフォーム内容の価格の相場がどれくらいかがわからない…とお悩みの人も、予約をする前に参考価格を見ることができるので費用に関する不安を取り除くことも可能です。

 

これまでの施工事例も豊富に掲載しているので、気になる施工会社の施工例を見ることもできます。
費用と施工会社についての不安をしっかりと解消してから依頼できる一括査定サイトです。

リノコはこちら↓

キッチン